糖尿病の予防に、食事や運動だけでは不安になりませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病は残念ながら、1度発症すると完全に治るということはありません。

ですので、予防が大切になります。
血糖値さえ、しっかりと、コントロールできれば
健康な人と同じ状態で生活することが出来ます。

そして、糖尿病患者に多い動脈硬化が原因で生じる脳卒中や、心筋梗塞、末梢動脈性疾患などの怖い合併症を防ぐこともできるようになります。

でも、なんだか、普段の食事では、ちゃんと栄養を摂取できているのか?どうか?心配だと言う方でも、血糖値を下げる方法があります。

食事で足りない栄養を補給する!

サプリメントの良いところは、栄養素の中から、あなたが必要だと思う特定の栄養を指定して、摂取できます。

糖尿病が気になる方に朗報があります。
大学教授と医師が共同で、臨床試験をした結果、次のような効能が学会で発表されました。

糖質が気になる方や、美容、ダイエットにも効果のあるDNJと言う桑の葉の成分と、
不老長寿の秘薬と言われるプロポリスが配合されています。
ですので、桑ポリスは、医師が勧めるサプリメントです。

血糖値を下げる効果があるそうです。
一度試してみてはいかがでしょうか?

通常価格は、13,500円しますが、今なら、初回限定価格が、9,960円と、26%OFF!
と言うとても、安い価格で購入することができます。


スポンサーサイト

糖尿病を予防するには?

糖尿病を予防するために、一番身近で出来る方法は、食べ物を意識して、運動をすることです。

食事療法の基本は適正なエネルギー量を
バランスよく接種することです。特に海藻類が効果的だと言われています。
摂取量を守り、余分なエネルギー量取りすぎなければ
食べていけないものはありません。

運動療法は、体の余分なエネルギーを運動により消費すると血糖値も下がります。
また、習慣的に運動することでインスリンが効きやすい体質になります。
有酸素運動をすることで、内臓脂肪を減らすことにつながり、インスリンの働きを良くすることができます。
負荷をかけるのは個人ごとに差があるので、自分なりに毎日無理なく続けられる運動を選ぶといいです。

また、あまり知られていませんが、食べる時間も意識することで血糖値を抑制することが出来るのです。
朝起きてから、体が活動するには、糖分が必要となるので
体内にある糖分を使うため血糖値は上がります。
そのため、朝ご飯を食べてないのに太るということが起こりうるわけです。
ですから、朝食はできるだけ早い時間に食べることです。
そうすることで、血糖値の上昇を安定させることができます。
元マラソン選手の谷川真理さんの講演会に参加したときに、コンディションを合わせるのが難しいマラソンと言う競技で、毎日、意識していたことは、朝起きたら、まず、水分を摂ると言うことでした。寝ている間に、血液の濃度が濃くなるため、水分補給することで、緩和されて、薄くなり、適度な濃度になると言われていました。

逆に、夜遅い時間に食事を摂ると、インスリンを分泌するすい臓の活動が鈍くなり、
血糖値があまり下がらなくなります。
ですので、夕食は、できるだけ早く摂るように心がけるといいと思います。

世界売上No.1高麗人参!

【正官庄】公式オンラインショップ

糖尿病が、どんな病気か知っていますか?

糖尿病は、血液中の糖分(ブドウ糖)が、高い状態(高血糖)が続く病気です。
これは、すい臓から出るインスリン(血糖を下げる働きを持つホルモン)が分泌されにくくなったり、効き目が悪くなったりすることにより、血糖値が高くなるために起こります。

それでは、血糖値の高い状態が続くと、どのような症状が起きるのでしょうか?
・糖が尿に出るときは、一緒に水分も出すので、単純に尿の量が増えます。
・多尿のため脱水状態となり、のどが渇き、水分をたくさん飲みたくなります。
・糖が尿に出るため、体のたんぱく質や、脂肪を利用して、エネルギー源とするため、体重が減ることがあります。
・エネルギーが不足し、体重が減少することが原因で、普段よりも疲れを感じやすくなります。

しかし、もっと怖いのは、動脈硬化につながり、脳卒中や、心筋梗塞、末梢動脈性疾患などを患う危険性があるからです。

そもそも、私たちの身体には、血糖値を調節するしくみが備わっています。
食事をして、炭水化物を摂取すると血糖値は高くなり、運動などによりブドウ糖がエネルギーとして消費されると血糖値は低くなります。
健康な人の血糖値は、インスリンや、その逆の働きをするホルモンとのバランスによって、一定の範囲内にコントロールされています。
そのため、食事や運動をしても血糖値が極端に変動することはありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。